サロンでの脱毛で痛みを感じる部位とそうではない部位について

2016年8月25日

サロンの脱毛は部位によって痛みが変わる

サロンに通う方法で脱毛処理をするときには、痛みが苦手だと感じる人も多いでしょう。同じサロンの施術であっても処理を受ける部位によって、痛みがの感じ方が変わってきます。サロンではフラッシュ脱毛の方法が採用されていて、メラニン色素に反応する光の照射をしていますので、毛が密集している部位の施術で特に痛みを感じる傾向があります。痛みを感じやすい部位としては、わきやデリケートゾーンが挙げられます。どこの部位のムダ毛を処理するのかによって、痛みが強くなりやすいか判断しておけばサロンに通いやすくなります。

サロンの脱毛で痛みを感じやすい部位について

わきやデリケートゾーンに関してはメラニン色素が多いために、他の部位の脱毛施術を受けたときと比較すると痛みが強くなりやすいです。痛みを感じる時間としては施術を受けている間だけで、処理が終わってしまうとそれほど痛みを感じる心配はいりません。わきは脱毛施術を受けるときの人気の部位となっており、光の照射を受ける範囲が狭いので思ったほど痛くないという人も多いです。デリケートゾーンに関してはムダ毛処理をしてもらっている間に、恥ずかしさもあることから痛みを感じやすい部位と言えます。

痛みを感じにくい部位について

サロンで脱毛処理をしてもらうときに痛みを感じにくい部位としては、お腹や背中、腰などとなります。これらの部位については脂肪分が体に付きやすい特徴がありますので、光の照射を行ってもそれほど痛みを感じなくて済みます。痛みがどうしても耐えられそうにないと感じている人であれば、痛みが弱い部位だけをサロンで処理をして、デリケートな部分のムダ毛については自己処理をする方法を選択するのも良いでしょう。自分が安心して施術を受けられる部位と、そうではない部位とをわけて脱毛処理をすることがおすすめです。

永久脱毛を東京で挑戦するにあたり、若い女性からの評判の良い店舗でカウンセリングを受けることが肝心です。